最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
プロフィール

eleanor

Author:eleanor
eleanor

    
    

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013年12月13日 金曜日・・・オオオオッッ ニュースアラカルト2件 

両目を取られた男児が義眼を付けて退院

ies_1062012.jpg


今年8月に中国山東省で発生した8歳男児が両目をくりぬかれた事件で、男児は事件後深圳の病院で義眼挿入を含む治療を行っておりましたが、12月12日無事に初期治療を終え退院することが出来ました。この事件では国際的に報道され臓器移植による事件とも囁かれましたが犯行が病院内ではなく野原で行われていることから公安当局は臓器移植での犯罪ではないと否定しておりました。しかし男児はこれから体が成長していく過程で義眼の大きさを変更せねばならず成人に達するまでは苦労しそうです。

ies_1062001.jpg

ies_1062009.jpg

ies_1062010.jpg




北朝鮮最高幹部が処刑



北朝鮮平壌で最高幹部の一人であり、生前の金正日総書記の叔父でもあり。現金正恩の政治的片腕でもあった張成沢が国家転覆を図ったとして、その地位を追われ朝鮮刑法60条により裁判を受け、結果は死刑、即日死刑執行となったようです。
ies_1062007.jpg

ies_1062011.jpg

ies_1062003.jpg
ies_1062005.jpg

ies_1062006.jpg


そもそもこの張成沢なる人物は故・金正日(キムジョンイル)総書記の実妹、金敬姫(キムギョンヒ)の夫であり、金正日亡き後金正恩の後継人でもある人物と海外では認識されていましたが、以前より中国と関わりが深く今回の北朝鮮の処遇に対し懸念を抱いているとされます。海外メディアでも北朝鮮の最高幹部が処刑された事を公に報道している現在の北朝鮮の内部情勢に相当な変化を感じている模様です。なおこの件では2名の副総書記が中国への逃亡を計画、逃亡寸前に逮捕されたと北朝鮮メディアは伝えています。

ELEANOR:山東省で発生した両目くり抜きは明らかに臓器移植であろうと思われますが、犯行に加わった人物の医療の知識不足で、とにかく目を持って行けば金になると信じ込み山中で犯行に及び、くり抜いた目を持って行くが使い物にならず主犯である叔母は自殺というケースと思われます。しかし公安は犯罪当初に臓器移植目的の犯罪では無いと言い切ったのでこの件はこれで終結。結局犯行理由は報道されません。また北朝鮮では賄賂性が強い事件であると思われ個人資産を増やすための活動と思われ、実際張成沢は海外金庫番まで熟した人物です。今回の行動で今後その地位に納まる人物への警告とも思われますが、国民らの関心は今日の食べ物の確保でしかないので朝鮮国内での異変は一切無いでしょう。
スポンサーサイト

ある記事の続報ですが・・ 

2012年11月に記載したニュースで「脱北した女性」という記事を載せていますが、この記事がデタラメだったと言う内容の記事を見かけました。新華経済というニュースサイトでは、
【この女性難民の正体は、実は24歳の岳辛という中国本土の無名モデル・・云々】というものでした。
しかし本人確認もされてない報道でネット通報だけなので百度で岳辛をネット検索と画像検索の両方を見て他の画像を見ると確かに似ている。まぁデタラメなのか本当なのかというのはこれを見た貴方が判断してください。

当ブログの【脱北した女性
新華経済の【脱北者に変装して注目浴びる 中国無名モデルの売名行為に避難殺到

真贋の役に立つかどうか解りませんが、似ている部分の比較写真を入れておきます。

1_20130708113514.jpg
似てるといえば似てるし、似てないと言えば似てないし・・・微妙です。


11月8日 アラカルト 

福建省で誘拐組織が摘発。14名の子供らが親元に戻されました。

11月6日、広西公安機関で広西チワン自治区の副主席、公安庁の党委員会書記、庁長らが行方不明になっていた子供達を両親の元に戻しました。
11月5日、過去に子供の誘拐に関わる犯罪容疑者の5名を逮捕、19名の児童誘拐に関し14名を保護。残りの5名については現在も調査中だそうです。





今年4月9日、公安部が全国の公安機関に女性や児童を誘拐・人身販売を取り締まる部門「特別査問グループ」を設置しました。10月13日、特別査問グループは誘拐組織で重要な役割を果たしていた藍という人を捕まえ、尋問の結果、2002年?2008年、河池、崇左などで30人程の子供を誘拐して売り飛ばしたそうです。手口として、町の広場、自由市場、駅の待合室などの場所で、独りでしかも監視する人はいない3-6歳の男童に対し、小さいカメ、おもちゃ、お菓子類で人目に付かないところまで誘い出し、そのまま売買する場所(福建省)まで連れて行ったそうです。
10月19日、特別査問グループは直ちに軍を率いて福建へ工作員を派遣し、関係する犯罪者を逮捕。その時の逮捕者は6名でしたが、後日、残りの6名(1名は死亡)も逮捕されたそうです。
現在、特別査問グループが更なる調査を行い、11月2日までに女性や児童の誘拐・人身販売事件の149件を検挙しており、24の犯罪グループ、228人を逮捕し、誘拐された女性や児童207人を救出しているそうです。



刑務所で結婚式

11月6日午前、四川南充の嘉陵刑務所で結婚式が行われました。





刑務所内の運動場には提灯が吊され7組のカップルが結婚式を行いました。しかし、結婚するのは懲役中の囚人らであり、この、四川省刑務所管理局では、特殊な矯正教育を行う活動をしており、今回もその活動の一環で有るらしく、この7人の服役囚に対し、盛大な婚礼が行われたようです。
なお、このように刑務所の囚人らが結婚式を行う事は前例が全く有りません。




何でも金です・・。

以前に記事にあった、子供を救うために3人の学生が犠牲になった事件で、死体を引き揚げた船が死体引き揚げ手数料の話をしていたことが解りました。
湖北荊州で3人の大学生が自分を犠牲にして人を助ける事件で、行方不明だった大学生1名を見つけますが、船に乗せることは無く、船縁に繋いだまま陸に運ぶ姿が写真に有りますが、その船主が現場でお金を受け取るシーンが写真で撮られていました。



お金を渡す人は年齢の30歳?40歳間、真ん中から髪を分け、ひげを蓄えて、身長170cmほど、相手は船主で、宝塔河辺売店の前でお金を数えています。どうしてそのような事になったのかと言うと、船は魚を捕るためであり、溺死した人を捜す為ではないと捜索に協力をしなかったらしく、それを頼んだ人物が報酬を渡したらしいので。写真を見る限り、見つけた学生はロープで船縁に縛られており、人も魚も同じ扱いを受けているのが良くわかります。

9月9日 アラカルト 

親子が飛び降り自殺

先月8月3日午前11時頃、福建省ショウ州市病院で親子の飛び降り自殺が有りました。



警察の捜査で、この親子は福建省ショウ州市病院の小児科のビル9階から飛び降りたそうですが、まず、窓から子供を投げ、すぐさま母親が窓から飛び降りた道連れ自殺そうです。夫も病院に同伴していましたが妻子の、その変わり果てた姿にただ抱き上げ泣くことしかできないようです。
自殺した妻の名は呉、今年26歳。子供の名前は鄭、今年5歳。事情を知る者の話によると、呉は生前より夫と口論が多く、鬱ぎがちだったそうです。


包丁おじさん

仏山市禅市街区にある鴻業新天地団地内で、1人の男性が包丁を手に持ち暴れています。
この男性、自分の自転車が無くなったと、その部屋を紹介した不動産屋、団地の警備員、それぞれを罵っていたそうです。どうやらこの男性は、お酒に酔い暴れているようですが、警察が来てもその態度は変わらず、やる気満々って感じですが・・。


ご近所の話では、この男性、日頃から酒癖が悪く、既に3回結婚しますがその3人は全てこの男性を捨て逃げてしまいました。まぁ、この団地でも相当な有名人で、近所でも「包丁おじさん」と呼ばれているようです。ただ、人に危害を与えた過去は無いようなのですが、警察も護身の為、それなりの用意をします。しかし、そこまでになると「包丁おじさん」もさすがに、酔いが醒めるようで、おとなしくなるそうです。


復習するは我にあり

深セン羅湖区。ここで常習的に開かれていた賭博が有りました。ある新聞記者がその事実を警察に通報、警察が踏み込みが、その賭博を開いていた内の一人が、青龍刀で通報した(その場にいた)記者に襲いかかろうとします。が、寸前で警察に取り押さえられますが、取り調べ最中においても、その通報した記者を殺すと、鼻息荒く話しているそうです。
8月26日深セン羅湖新秀村の秀南街で、タクシー運転手数名を含む数人が飲食店前で賭け事を始めました。その数日前には、3人の男が、高利貸しから20数万元を借り博打をしますが返済できずに債権者から誘拐されています。今回逮捕された中には、その高利貸しも居たそうですが、机の上には数万元の現金が有ったそうです。近所の話では、このグループは約1年からこの場所で賭博を行っており、いつも人が居たとのこと。しかし、またすぐに別な人が賭博を開くでしょうとかたっているそうです。

9月8日 アラカルト 

変形した魚

中南にある民族大学に通う学生が南湖で魚を釣っていました。その時に10cm程度の魚を釣り上げましたが、蛇のように曲がっていたそうです。



この魚 “鯰種類”に属し、このような変形は見たことがないと専門家も話しており、水質悪化による異形であると結論付けました。

ELEANOR:私の実家からさほど遠くない所に、水俣という場所があります。数十年前に黒鯛や太刀魚、ボラ等、湾内に生息する魚に異形が見られたのを思い出します。おそらく重金属流出による異形だと思いますが、これは自然からの警告であるとして、早急に何らかの措置をしてほしいと考えます。


どっちが逃げるでしょうか

これは去年の写真。米国カリフォルニア州砂浜で女性が浅瀬で遊んでいましたが、実はその近くに豹柄のサメが群れてました。



知らない女性は浅瀬をどんどん、サメの群に近寄っていきます。







そこでようやくサメを見つけ、



一目散に岸へと逃げ帰りました。



これはパトロールのロサンゼルスKTLAテレビ局のヘリコプターが写したそうです。


ELEANOR:豹柄のサメといえば、トラサメ、しかしハンマーヘッドシャークにも見えるようですが・・。この程度の大きさであれば、怪我でもしていない限り自分よりも大きいものには近寄らなと思いますし、トラサメなら人を襲うこともないでしょう。逆に茹でて酢味噌で食べると美味しい魚です。
リンク
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ニュース
243位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
海外
29位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。