最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
プロフィール

eleanor

Author:eleanor
eleanor

    
    

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

未解決事件 ジョンベネちゃん殺人事件 仮想の巻 

先日テレビを見ていると懐かしい人が海外から来られていましたよね。
テレビに出演していたのはジョン・ラムジーさん。この方がテレビに出て、昔起きた事件が風化しないようにとワザワザアメリカから訪日され日本のテレビに出演されたのです。
その事件の名前は未だ解決していないジョンベネちゃん殺人事件。
事件についての詳細は省かせて頂きますが、とても可愛い6歳の女の子が他殺体で自宅地下室から見つかった事件です。



警察は初動捜査で現場の状況から身内もしくはそれに近い者の犯行と断定し捜査域を狭め、しかし決定的な証拠が無く長期化、その間にも日々進化し最新精密化する化学捜査によって犯行現場で採取され保管されていた証拠で家族犯行説は消え失せ捜査のやり直しを余儀なくされました。しかし「私が犯人だ」というのが続々と名乗りを上げ、それぞれをDNA鑑定するも捜査線上から消えると言う事を繰り返していました。
事件は1996年12月26日に遺体が発見され、未解決事件ということで色々な憶測を呼び、また語られ、当事のマスコミも情報が錯綜し何が何やら解らない内容も多くありました。しかし今回の来日による父親の話しを聞くことで面白い仮説を思いついた人が多いと思います。

※注意してください
これからの書き込みはあくまでも仮説です
しかし辻褄が合わない訳でも有りませんが色々と飛び交う噂の一つと思って下さい。
写真は当事の検死鑑定からです。(一部再現有り)

【登場人物】
・ジョン・ラムジー(被害者父親)
・パッシー・ラムジー(被害者母親)
aq5_201308111526164a2.jpg


・ジョンベネット・パトリシア・ラムジー(被害者)
・バーク・ラムジー(被害者兄)
aq7.jpg


バーク・ラムジーの友人A(被害者兄の友人)※仮説による仮想人物です。

【事件の発端】(仮想です)
1996年12月25日のクリスマス夜は父親ジョンの友人宅へ家族で出掛け帰宅は夜遅く、しかし兄バークは友人Aとクリスマス夜にラムジー家に遊びに来る約束をしていた。友人がラムジー家に着くと兄に合図を送り、兄は階下で就寝している両親らに気づかれないように地下室で待ち合わせた。友人は以前よりジョンベネちゃんに好意を寄せ、幼い子供でありながら肉体的関係も持っていた。その友人Aの両親とはジョンベネちゃん両親とも友人であり、ある程度地位の有る家庭の子供。兄のバークは友人が来たことで寝ていたジョンベネちゃんも起こし地下室へ行くが疲れて寝ていたジョンベネちゃんは遊ぶことを嫌がるも無理やり地下室に連れて行った。友人と3人で地下室でお菓子を食べたりしていたが、兄が飲み物を取りに行くと友人Aが性交を求めた。しかし眠い上陰部が炎症を起こしているジョンベネちゃんは誘いを断る。何回かやりとりが続く中ジョンベネちゃんが愚図り騒ぎ出したため兄弟が地下室へ行く際に利用した懐中電灯で頭部を殴りつけた。殴られたジョンベネちゃんは母親に今迄の事を全て話すと言い出し友人Aはとっさに首を締める。気絶したと思った友人Aはぐったりしたジョンベネちゃんと性交に及んだが直ぐに死んでいることに気づく。慌てた友人は兄を呼び相談、兄は寝ていた母親を起こし相談。母親は子供たちが犯した内容を聞き、とっさに強盗が入った事にして娘は誘拐されたとするシナリオを作る。とりあえず友人Aと兄を部屋に戻し、家の中で誘拐が行われた内容を母親が作る。

① 犯行声明文の作成 母親作成
aq4_2013081115254588a.jpg

② 外部からの侵入跡 ※
aw3.jpg

③ 懐中電灯への工作 母親作成
④ 現場周辺の足跡の撹乱 ※

母親は父親が起きてくる朝までに、①と③を工作。脅迫状通りにジョンベネちゃんを隠す必要があったが時間が足らず断念した。それどころか脅迫状通りに出来なかった事で父親に全てを告白。内容を聞き息子の友人Aの両親の事も考え、父親ジョンが決意行動したのは真実の隠匿。外部侵入による犯行を完遂させる事にした。まずジョンベネちゃんの遺体を確認した父親は遺体にブランケットシーツをかける。

aq1_201308111525412eb.jpg

aq2_20130811152544390.jpg
この2枚の写真は父親が地下室からジョンベネちゃんを運んで来て直ぐのようです。

「※湿気の多い地下室に似合わないブランケットが遺体を包んでいた」
「※:身内の遺体にシーツをかける犯行は身内のみ、哀れな姿を見せたくはない想いからの行動」
外に出て地下室の出窓から出入りしたような跡を作る。時間の工作と足跡等の工作の為、それと一番大事な息子の友人Aの両親と話し合う機会を設けなければならない。
父親のジョンはパッシーに友人を出来るだけ家に呼ぶように指示。息子と友人Aには部屋から出ないように指示。すぐさま駆け付ける友人らの中に息子の友人Aの両親を見つけ話をする。おそらく内容は

① 外部から侵入した犯行にする
② 今後一切息子に近寄るな
③ 犯行現場の偽装を手伝え

といった内容。双方の両親はこのような犯行で家庭が崩壊し、息子らが収監され今の仕事やら地位を無くすことを恐れ偽装工作を行う。この時点で友人夫婦も元に少年Aが合流。
父親は一度地下室で娘の亡骸と会いシーツをかけており、また他の友人らへの説明でも家中を探したと語る。
「※:脅迫状では娘は預かったとされ再び家中を探すのは不自然」
息子の友人Aの親と地下室へ行き現場を確認。そこで再び工作内容を確認しジョンベネちゃんを抱え上げ皆が待つ部屋へと戻る。ここで母親は脅迫状とのスレ違いに気づき慌てる。

【残された真実】(※仮説です)
・家族が警察に連絡した際の内容の矛盾
・6歳の子供を殺害するのに大人なら道具を使わない事実
  
aq8.jpg

mt466501240135222jonbenetfaceright.jpg

img_144327_579113_5.jpg

jonbenetneckback.jpg

・使用された全てのモノが家にある道具。物的計画性の欠如
・被害者に対し初回ではない慢性的な性交による擦過炎症があるが成人男性の性器挿入には無理がある

【苦悩】(※仮説です)
事件が発生した当初、ジョンベネちゃんの誘拐に関する脅迫状が見つかるまでは、父親のジョンは一切の経緯を知らず、しかし母親はとても一人で隠し通せるものではないと判断し、警察への通報後父親に経緯を告白、そこから家族中で事件の証拠隠しと外部説、当事者を表に出さないことで証言に矛盾が出ないように工作。死因を作った友人Aの親を呼ぶのもその一家だけでは不審に思われる可能性があるため出来るだけの友人を家に集め、しかし集まった中でその家族と話し合いを行い外部犯行のように工作したが娘を無くした苦悩は変わらない。

【最期に】
この事件解決が見えないのは犯行現場を作った人物と実犯行者が別な事。家族による隠匿が有るために警察捜査への強力も得られず、また家族の友人らの協力も得られないままであるように思えます。今回父親のジョンが来日しテレビ出演で何を語ろうとしたのか不明ですが、母親が病気で亡くなった以上真実は闇の中かも知れません。
この事件はそれぞれの登場人物が役割を持ち家族という絆で固められ、社会的地位によって保護されていたように思えます。FBIが出した家族犯行説は当たっているようで外れているのですね・・。

今回は仮説によって事件を根っこから見てみました。
私の仮説に最後まで付き合って頂きありがとうございます。
この事件で不明な点が1つだけあります。
それが下の写真です。皆さんも事件詳細をどこかで見た時に記載されていた内容を覚えていると思います。
ジョンベネちゃんの手にはハート型の絵が書いてあった・・と。

aw8_20130811152640ae1.jpg
まるで子供が死んだ相手に愛しているよと伝えるかのようです。

その他の写真
aw4_20130811152614ede.jpg
検死の写真で発見時に着衣の乱れは有りません。

aw5_20130811152637f12.jpg

aw6_201308111526392b0.jpg
私の仮説が正しければこの中に友人Aの父親がいるのでしょうか?


ELEANOR:
ひさしぶりの更新でしたが疲れました。相変わらずの写真ばかりで拒絶反応される方もいるかもしれませんね。
私も自分のブログながらちょっとキツイかなと思いました。


スポンサーサイト

清華寮 

第二次大戦前、旧台湾総督府の財団法人が文京区にある国有地に建設した留学生専用の学生寮「清華寮」。
この建物は台湾在住の日本人子弟や台湾人留学生の宿舎として建設した約3100平方メートルの敷地に鉄筋3階建て地下1階、延べ床面積は約1万7771平方メートル。
戦後には台湾総督府が消滅したために所有者不在の建物が国有地を「不法占拠」する状態となったが、その後も入寮は続いた。しかし入居者に対し立ち退きは求められてなかった。当初の台湾人だけの入居から、中国からの留学生とかも住むようになり、台湾系中国系で自治組織を作り、それぞれ入寮希望者を審査。また、中国系の留学生が日本人にまた貸しするようにもなり、台湾、中国、日本の人たちが家賃8000円で電気や水道を共同で管理して生活するようになりました。




しかし、2008年1月7日、それまで清華寮には台湾や中国出身者ら約50人の外国人が居住。3世代で暮らす家族や生活保護を受ける永住者もおり、台湾系と中国系が別々の自治会を組織して"平穏共存"していましたが、住民のたばこの不始末が原因とされる出火で、寮の7割、約1300平方メートルが焼ける火災が発生、当時住んでいた中国人母娘2人が死亡。約40人が家を失いました。
この清華寮、実は所有権等でトラブルが続いており、当初は1927年、旧台湾総督府関連の財団法人・学租財団が台湾人留学生用の宿舎として、国有地を借り建設したのですが、別の財団法人「進徳奨学会」(東京)の当時の理事が寮を訪れ、住民に建物の所有者であると宣言しました。この進徳奨学会は03年12月、所有権の移転登記を求める裁判で勝訴し、06年1月に登記を済ませていた。判決や答弁書によると、78年に学租財団の理事から寮の寄付を受けたとする奨学会の主張が認められたようです。しかし建物の譲渡は、寮の住民にとって心外であり焼け出された住民らは弁護士を立て、「裁判で奨学会が提出した証拠に偽造の疑いがある」と判決の無効を主張し争う準備をしています。




この一連の所有権移動に関する行方を静観していた財務省も、借地契約は奨学会に継承されていないとして、土地の明け渡しを求める訴訟の準備を始めたそうです。
進徳奨学会というのは、苦学生への奨学金支給を目的に60年に設立したとされていますが、所管する文部科学省によると、近年は「活動実態がない」状態で、昨年11月に就任した奨学会の理事は、取材に対し「設立の趣旨に立ち返り、時代に合った形で奨学会の立て直しをはかっている最中」と説明。国が提訴した場合、建物の譲渡から10年以上の経過を理由に土地使用の正当性を主張するとしています。
ちなにみ、この寮は都心に近い為、最低でも二十数億円の価値があるとされており、この土地をめぐっては「払い下げで利益が出る」と架空の投資話を持ちかけた詐欺事件も起きています。
現在の清華寮の敷地では、奨学会が雇った警備員が監視を続け一方、年に1度、寮生総出で草刈り等をしていますが、ほぼ荒れ果てた状態の庭には「本国有地を売却する予定はありません」と書かれた財務省の看板が立っています。また財務省関係者は「清華寮が新築された当時、国は学租財団に土地を提供したが、進徳奨学会との契約はない」と指摘。財務省は進徳奨学会が国有地を"不法占拠"している状態と判断。近く建物撤去と土地明け渡しを求める訴訟を起こす予定だそうです。
この件では当初、72年の日中共同声明で日本は中国と国交を正常化、台湾と断交したので寮の帰属先はどこになるのか。台湾、中国、日本の三つの見方があったが、外交問題になるのを恐れた政府が手を出さなかった経緯があるようです。

ELEANOR:この清華寮の話、実は某友人から聞き調べる内にその時代の政治的背景や思惑が見え隠れしており、このような善意で有ろう初心の思想が消え行くのを悲しく思います。古きよき時代だったのかも知れませんね。

中国で最も汚い学生寮 











ELEANOR:まぁ、こんなもんでしょう。

台湾、台北市の企業登記数が4千社減少、賃料6%下落 

台北市で企業として登記されいる数が、この1年半で4,600社以上減っているそうです。これに伴いオフィス・商業店舗等の賃料は下がっており、昨年から続く金融危機当初からの下落率は約6%。これらの現状に不動産仲介業者らは、短期での回復は難しい情勢とみているそうです。



台湾で不動産仲介大手の永慶房屋の調査によると、昨年1月から今年7月までの間に登記企業数は4,641社の減少。従業員数は3月から3%以上落ち込んでおり、地区別では内湖区は増えているもののの中山区では1,000社近く減ったそうです。
現在は世界各国の経済指標が改善の兆しをみせているようですが、台北市の就業環境は改善しておらず、台北市の8大商圏オフィス・商業店舗の賃料は、昨年第3四半期に比べて今年第2四半期は1坪当たり平均で5.9%下落しています。また、すべての地区で賃料が下がっており、空室率も6.6%から9%へ上昇しているそうです。
これらの背景には、企業の営業停止の動きが新設よりも早く、台風8号による被害や新型インフルエンザ等の心理的な下押し要因があり、目先は反発しにくい状況にあるようです。

台湾キタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━!!!!!って感じですね。(失礼)

台湾の災害地では懸命な救助活動が行われています。 

今回の台風で六龟新发村新开部落は31人が生き埋めになったままです。その方たちを探すために台湾の軍人が、横に並び這いながら地中からする臭いで捜索をしています。



中新ネット8月18日の報道によりますと、台湾海上自衛隊陸戦隊に属する黒衣部隊と呼ばれる特殊部隊は、災害の為に道路の破壊等で重機が運べない地域で、軍人自らが地中の臭いをかぎ、異臭がする場所でスコップ等で土砂を掘り被害者を探すというやり方をしてます。
当時、大雨により土石流で2階より階下は埋没し、しかし、住民の殆どが1階にいた為、今回の被害が大きくなりました。重機等があれば作業は早いのですが、土石流により道が寸断されており重機等の搬送が出来ない上、日中は炎天下、時に大雨といった天候ににも左右されず、彼らの懸命な捜索活動は続いています。



リンク
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ニュース
253位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
海外
26位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。