最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
プロフィール

eleanor

Author:eleanor
eleanor

    
    

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

11月25日 アラカルト 

フィリピンで起きた政権抗争

23日、フィリピンの首都マニラから900数キロメートル離れたマギンダナオ州、ミンダナオ島で発生した地元政治家の親族や報道陣が殺害された事件で、24日までに計46人の遺体を確認したそうです。
これを受けアロヨ大統領は24日に、さらなる混乱を避けるため同州と周辺部に非常事態を宣言しました。この事件では、地元政治家と対立していた同州知事一との間で起きた事が広がったようですが、アロヨ大統領は「加害者に法の裁きを受けさせる」とし徹底捜査を命じました。

複雑なのですが、地元政治家はマギンダナオ州で副町長を務めるマグダダトゥ氏。この人物は来年の同州知事選に立候補予定で、現知事のアンパトゥアン氏一族と選挙で争うとみられていた。今回、マグダダトゥ氏の代理で立候補を届けようとしたマグダダトゥ氏の妻や親族、同行記者らの一行が武装グループに拉致され殺害されました。警察や国軍は、一行が連れ去られた山地で拉致された一行を捜索しますが、すでに殺され埋められた遺体が次々と見つかり、一部は首を切断されるなど残忍な手口で殺害されていました。

大統領が非常事態を宣言したのは、同州および隣接するスルタンクダラット州、コタバト市。アンパトゥアン知事一族らを含む有力者の一部が私兵を雇って武装している地域だそうです。
(一部写真はグロい写真です。閲覧に注意してください。モザイクにマウスを乗せるとみれます)











事故車両の自走にも限界があるでしょ・・

23日、石家荘の太原高速道路西古城ゲートに、変形したバスが到着しました。

このバス、フロントガラスは割れ、車体は傾き、配線類も露出した状態です。運転手をみると完全防寒で装備されています。このバスは、事故を起こしており修理工場へと送られるのですが、運転手がレッカー代金を持っていないため自走で走ることを決意したそうです。



ELEANOR:こういう車を運転して二次災害の発生を予知出来ないのでしょうか・・。タクシーもバスもそうですが、田舎の方では車は全て自己所有とし、その車に対して営業許可を譲る形で営業車は成り立っています。都心部は変わり始めていますが、この運転手も高額なバスをみすみす廃棄するわけにもいかず、持ち帰って板金等で復元させるのでしょう。





ささやかな抵抗・・

昨日午後4時頃、広州と海珠を繋ぐ広州海珠橋に男二人が登りました。

橋に登った男らは橋は警備する保安員も気づかない内に橋の上に登り、それに気付いた保安員は自殺と思い落ち着くように説得を始めます。橋の上でしゃがみこんだ二人に対し、保安員は警察と消防に連絡、連絡を受けた警察と消防は現場に到着し下りるように説得をしますが全く応じる様子は有りません。



しばらくすると50代の女性が現場に呼ばれて、泣きながら二人の男を説得し始めました。女性の名前は蔡、橋に登っている二人の男は彼女の息子たちで荔湾区芳村滘口の付近に住んでいるそうです。

母親の説明では住んでいる土地の補償を争って治保会従業員とトラブリになり従業員から殴られ警察にも連絡したそうですが解決出来なかったようです。二人の息子は十分な説明を公の場で聞きたいとして、海珠橋に登って説明を求めているそうです。

説得に応じたのか午後5時頃二人の息子は橋を降り始めますが、警察に連行され母親も一緒に警察に連行されました。
この影響で海珠橋は1時間ほど封鎖され、車は迂回を余儀なくされ、バスの乗客は歩いて橋を渡るとかで帰宅時間と重なったこの事件で帰宅者へ大きな影響が出たそうです。



関連記事
スポンサーサイト
リンク
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ニュース
202位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
海外
24位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。