最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
プロフィール

eleanor

Author:eleanor
eleanor

    
    

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

河南省の大飢饉 



今回は1942年から起きた中国の河南省での大干ばつ。ちょっと調べれば解る(書いてある)事なので諸説ある詳細については過去の事でもあり、まして自分の目で見たわけではないので省略しますが、写真は真実を語るとして取り上げ、それを元に文章を構成しました。
日本と中国の双方が発表し粗方内容が同じなのは大飢饉の前(1937年)に発生した支那事変。中国軍と日本軍の双方が黄河下流で、どちらかが堤防の爆破を計画し実行。蒋介石率いる中国軍は日本軍が、日本軍は中国軍がと双方が言い訳をしなければいけない程の被害を後に出すのですが・・。
まぁ、それはそれで興味有る方はご自分なりの判断で決めて頂くとして、黄河堤防の決壊後は河南省・安徽省・江蘇省、54,000平方kmの領域に浸水というか流され水没範囲は11都市と4000村に及び、3省の農地が農作物ごと破壊され、水死者は100万人、被害者は600万人とか言われる程の大規模な事。(数値の真実性は一切無し)
この黄河決壊により農作物及び家畜が流され、浸水が収拾した後は乾燥地帯として農作物は出来ずに飢えと凍死で多くの方が亡くなりました。当時はどこそこにも死体で溢れていたようで、それが写真でも見て取れます。
今回、その河南での当時の様子が写真でありましたので載せておきます。
ELEANOR:文中に不適切な表現が多数あるかと思いますが偏った書き込みをしないための措置ですので御了承下さい

ies_60025.jpg
当時の内容を記した日本での新聞
ies_60003.jpg

ies_60002.jpg

ies_60001.jpg

ies_60007.jpg

ies_60008.jpg

ies_60006.jpg

ies_60005.jpg

ies_60011.jpg

ies_60012.jpg

ies_60009.jpg

ies_60010.jpg

ies_60015.jpg

ies_60016.jpg

ies_60014.jpg

ies_60013.jpg

ies_60019.jpg

ies_60018.jpg

ies_60020.jpg

ies_60017.jpg

ies_60023.jpg

ies_60021.jpg

ies_60026.jpg

関連記事
スポンサーサイト
リンク
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ニュース
253位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
海外
26位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。