最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
プロフィール

eleanor

Author:eleanor
eleanor

    
    

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

金券問題 

9月23日、長沙ニュースによると、あるスーパーマーケットで金券が配布されましたが、その金券印刷内容に問題があると報道してます。



このスーパーでは、会員に対し10元を限度とした買物総額10%還元をおこなっていますが、その金券に採用されている図柄は、人民銀行が発行する現使用通貨紙幣に極めて類似しており、記載されている額面こそ違え、毛沢東主席肖像の肩上からと、国章、背景山水等は見分けがつかないそうです。また、実物の人民元札に表示してる“中国人民銀行”の位置には“横山で一番お客が多いショッピング広場”と記載されており、金券内には、手書きで“記載金額に相当する現金の券”と書かれ、スーパーマーケットの印がしてあります。

これを見た人には、ネット上にこの金券の存在を晒し批判、すると同調するように「モラルがない」とかの書込みが有りました。(ELEANOR:へっ?モラル?誰が言ってるの?中国人じゃないよね?)




ちなみに、弁護士の説明によるとこれは明らかに違法行為だそうです。長沙の麓弁護士事務所の王清弁護士に連絡して尋ねましたが、「これは明らかに違法です。理由は2つあり、1つは実物の価値に相当する現金の券の発給をするのが合法的かどうか?《中華人民共和国の銀行法》第19条にある、いかなる部門と個人は人民元に代わる券を印刷し発売してはならない。第2は人民元の図案を利用するのが合法的かどうか、《銀行法》第18条によると、変造された人民元を偽造、それを売り、買う、使用等を禁止しています。また、商品等で不法に人民元図柄使用について厳しく禁止しているそうです。






ELEANOR:出るべくして出た内容ではないかと・・・。これは私の想像ですよ。想像!!。偽札製造グループが警察の努力により販売ルートが絶たれ、すでに原版より印刷された偽札に対し金券での使用を持ちかけた。それは捨てるにも余りに多く、経費回収も有るので、印刷途中で金券発行に変わったのではないかと想像します。その想像理由ですが2番目の写真にある、およそ中央に縦に入った細い線、あれは磁気ラインで、もし本物なら、かなりのコストを要し、また金券程度では必要ない部分だからですが・・・。考えすぎですかね?
関連記事
スポンサーサイト
コメント















 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
 
http://eleanor5000.blog66.fc2.com/tb.php/128-909036c5
リンク
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ニュース
193位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
海外
24位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。