最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
プロフィール

eleanor

Author:eleanor
eleanor

    
    

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

纏足(てんそく) 

この纏足(てんそく)、古き中国で女性に対して行われていた風習で、幼い頃から足に布を巻かせて足が大きくならないようにしていた事です。



この習慣は唐の末期に始まり、清国の時代には不衛生であることから皇帝が度々禁止令を発したようですが、既に浸透しており効果は無かったようですが、辛亥革命以降は行われなくなったようです。



台湾でも行われていたようですが、日本統治時代初期に台湾総督府が辮髪・アヘンとならぶ台湾の悪習であると位置づけ為廃れていたそうです。



ではなぜ纏足文化ができたかというと、小さい足の女性の方が美しいと考えられ、小さく美しく施された靴を纏足の女性に履かせ、その美しさや歩き方などの仕草を楽しんだようですが、纏足を施した女性はうまく歩けないことから、女性支配の手段にもなっていたと考えられ、またバランスをとるために、内股の筋肉が発達するため女性の局部の筋肉も発達すると思われていたようです。



このようなことから、蒙昧な時代には纏足を施していない女には嫁の貰い手がなかったといいます。


関連記事
スポンサーサイト
コメント















 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
 
http://eleanor5000.blog66.fc2.com/tb.php/144-2928bcd8
リンク
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ニュース
199位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
海外
21位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。