最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
プロフィール

eleanor

Author:eleanor
eleanor

    
    

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

エアーラインから外れた飛行機 

23日、ノースウエスト航空A?320型エアバスが着陸地を通り過ぎてしまいました。

この飛行機はアメリカ西南部の都市サンジエゴから中西部のミネアポリスに向かうフライトで、114人の乗客と5人の乗組員を乗せ出発。

夜7時頃、飛行機は高度1万数メートルで飛行し、地上との通信を一時中断していましたが、同8時には目的の空港上空を通り過ぎ、8:14に飛行機は空港管制塔と連絡を取りました。

しかし地上では、このエアバスと通信もできず、もはやそんな高い高度で飛行しているとは思わず、到着予定の空港では、捜索の為に2つの空港から4機の戦闘機を派遣する準備をしていました。

しかし、エアバスと通信が戻った為、捜索隊は解除。ミネアポリス空港に無事着陸となりました。
このエアバスの乗客は飛行機が一時行方不明になった事は全く知らされておらず、着陸後に警官隊が飛行機に乗り込み、初めて事態を理解したようです。



このエアバスを操縦していたパイロットによると、事故の原因は、ある問題を熱く語っていた・・との事で目的地を超えた事は気づかなかったと話しているそうです。しかし、各計器類の表示や警告等が有るのに、それさえも気づかなかった事になり、それらを見ていながら適切な操縦をしなかったのではないかと判断され、このパイロットは停職処分になったそうです。

ELEANOR:このニュースは、写真が少ない割りに詳細が書かれており記者の情熱を感じる文面でした。飛行機の事故に関しては、乗客は操縦士に命預けるしかないので、どうしようも有りませんね。
以前、ハルピンに行った時に着陸体制に入っており下に滑走路が見えているのに関わらず飛行機が加速したのを覚えてます。実際は速度を落とすはずが速度を上げての着陸だったので恐かったですね。
風が強く低速だと流されるからだとは思いますが、あの時は踏ん張ったのを覚えてます。← 結構小心者です。

ちなみに、飛行中の窓を笑顔で拭く整備員はいません。


関連記事
スポンサーサイト
コメント















 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
 
http://eleanor5000.blog66.fc2.com/tb.php/181-901fec07
リンク
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ニュース
193位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
海外
24位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。