最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
プロフィール

eleanor

Author:eleanor
eleanor

    
    

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

11月10日 アラカルト 

湖北上海の蓉西高速が年末には全線開通するそうです。

2009年11月7日、世界で一番高い橋となる第1高橋、上海の蓉西高速道路にある大橋の建設が最終確認の段階に入っているそうで、この大橋の全長は900メートル、橋面と峡谷の底までは560メートル、建築物では200階相当にあたるとして、現在世界で一番と言われるフランスのヨルダン大橋の290メートルを遥かにしのぐ高さとなるそうです。





ELEANOR:見るからにお尻がムズムズする高さですが、自●殺の名所にならないように管理してもらいたいですね。



中国で最も多い人災

中国でも色々な仕事に従事さえている方がいますが、地方に目を向けると、まだ発展途上な所が多く作業者に対する管理体制が整ってない事が多いのですが、その中で死亡率が高いとされる業種を挙げてみました。



中国の石炭生産数は世界の35%程を占めていますが、世界中で作業中に死亡する炭鉱労働者の死亡者数も世界中の80%を占めます。この死亡率は南アフリカの30倍、米国の100倍。国内で報告されているだけでも、中国の炭鉱労働者が1年での死亡率は1万分の11という値が出ており、これほど高い死亡率には鉱山事業での高額な利潤が背景にあるようです。中国の都市部が繁栄しているのは、そうした人為的な負の犠牲の上に成り立っているのかもしれません。




中国の漁船船主らによる協会の調査で、中国漁船が操業中に起きる死亡率は1万分の14に達するそうです。これは、先の炭鉱労働者よりも高い値で、その原因として、悪天候、操業装置等、出港する天気や操業装置に不慣れな為の巻き込み等が多いようです。






中国で冶金生産を行う労働者が生産する一万トンに対する死亡率は米国の20倍で、日本の50倍になるそうです。原因としては、労働鵜環境に有るようですが、労働者への防護対策が十分に取られていない等、しかし、こういった事業所の多くは、この労災について、リスクが有るのは当然とし、しかたない事として処理されているようです。




中国で発生する交通死亡事故は、1万台に対し約10人。これは米国の10倍、日本の20数倍になるそうです。

ELEANOR:この内容以外に、中国で最も多い死亡事故については、暴力行為、火災、等が挙げられてました。自殺は事故ではないですが相当数あるようです。写真でも解るかと思いますが、人が目の前で亡くなっていても、その隣でインタビューをする、受ける、という光景は違和感を感じます。人の死に対する根本的な思想が違うのでしょうか?



関連記事
スポンサーサイト
コメント















 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
 
http://eleanor5000.blog66.fc2.com/tb.php/196-4ddc68f2
リンク
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ニュース
193位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
海外
24位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。