最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
プロフィール

eleanor

Author:eleanor
eleanor

    
    

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

11月18日 アラカルト 

人質立て篭もり事件

温州市で一人の男が鹿市街区域の住宅街で他人の家で、家人4名を人質に立て篭もりました。



11月16日午前6時56分、温州市にある住宅街、家橋北路優雅公園9棟の家に押し込み、家主の夫妻と15歳の息子、それに家政婦を人質に、300万元を要求しました。その後犯人と24時間に渡り対話をしますが、温州警察は17日午前7時10分頃、強盗を射殺しました。



犯人は銃と爆発物を所持しており、人質の安全優先と早期解決を目指し、現場の指揮部、周辺整理グループ、犯人との交渉グループ、突撃行動グループ、医療グループ、等に細かく分かれ、いかなる状況にも対応できるようにしました。各グループが配備され犯人との交渉が続く中、突撃隊が部屋に押し入り犯人を射殺したのと事です。








人より犬が情に厚い中国

昨日、一人の流浪人が黄石の立体交差橋の下で死んでいるのが見つかり、役場の葬儀場人員がその遺体を担いで行くと犬が一緒に来て離れません。



中国全土が寒波に見舞われる中、白雲区黄石の立体交差橋の下で発見された遺体。この死亡した男性は2カ月程前からこの歩道橋の下で生活していましたが、しばらくすると犬も一緒に生活する様になりました。男性は昼間、空のペットボトルを集め、夜はゴミ箱を漁り、犬と一緒に生活をしていたようです。男性には1枚のゴザと、緑のボロ切れ、竹の枕しかなく、男性が寝ると犬が添え寝する様にしていたと言います。しかし、5.6日前から急に冷え込み、男性は凍死。犬は男性から離れることなく、男性の遺体が移動されるまで一緒に添え寝していたそうです。白いシーツをかけられた男性のそばにいた犬は何が起きているのか判らず、ただ男性に寄り添い、時折、男性の顔や手をなめていたそうです。




ベトナムの産業(とても怪しい内容でフェイクかもしれません)

ベトナムは、昔に起きた戦争で男女比率のバランスがとれていない事、それに経済が立ち後れている事等で、女性らが国外に出ようとしています。



多くのベトナム女性が国外へ嫁ぐことを希望しており、その紹介料は安くなったという記事です。記事の中にお見合いをするツアーがあり、5泊6日の日程でホーチミン市内で300人の女の子と見合いします。この女性たちが結婚する時に付けられる条件は

? 結婚する女性の処女を保証します
? 3ヶ月以内で結婚し一緒に帰ります
? 提示した金額以外にお金は必要ありません
? 1年内で逃げた場合は5万元を返金します

これらの女性たちはとても優しく、なんでも言う事を聞き、美しい女性ばかりです。との事。
紹介料は最低で2000ドル。すべて外貨で払う事を望んでおり、ベトナム通貨では無理なようです。(ここまで全文記事内容抜粋)



で、何が怪しいかというと全て中国向けに作られている点です。これが英語で書かれていれば少しだけは信じられるのですが、まるで、何かのイベントに便乗したブラックジョークのような気がします。女性の人権を無視した内容ですしね。
関連記事
スポンサーサイト
コメント















 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
 
http://eleanor5000.blog66.fc2.com/tb.php/210-f2583108
リンク
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ニュース
253位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
海外
26位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。