最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
プロフィール

eleanor

Author:eleanor
eleanor

    
    

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フリーメイソン 1日目 

当然ですが中国の一般家庭では日本のテレビは見れません。
しかし、在中する日本人の方は様々な方法でテレビを・・いや日本の状況を知ろうとします。
その中の一つに、ネットが有るのですが某サイト内にJAPANCHなる個人のサイトがあり
そこは過去の娯楽を含め、その人の趣味や視聴者からのリクエストに応じ日本で放送されたTV録画が秘密裏?にUPされています。

その中には、もう既に番組が終了しているものがアーカイブとして保存してありいつでも見れるのですが、
それを見ていた私はある番組に注目しました。

”やりすぎコージー”都市伝説の~。

まぁオカルトと言えばオカルトなのですが、その中で紹介されていたフリーメイソン。
フリーメイソンの伝道師的な関暁夫氏がイスラエルからアメリカ、ブラジルと世界中を飛び回りその都市伝説
を解明しようとされていました。
理詰めで一つ一つの疑問に対し論破される姿は、見ている人達を白いキャンパスに色を彩るが如く、
今迄全く無知だった視聴者らに、その領域を自分なりに紐解いてらっしゃいます。しかし、
奇しくもその番組でもとりあげられましたが、いくつかの問題を理詰めで説明し、さも客観的に見ているようでもありますが
答えは視聴者から出るのではなく、TVからこれですと言われ理が適う為に納得する。いわゆる洗脳に近いやり方ではないか?
と思い、少し自分なりに調べてみることにしました。

そこで当サイトでも少しフリーメイソンとマヤ文明、イルミナティ等について長期的に調べてみようと思います。
関暁夫氏の視点や他からの視点とはズレるかも知れませんが、少しづつ自分なりに調査し考えて見たいと思います。
また、記載された内容で、~説ですとかの言い回しは使いません。必ず歴史的背景を確認しながら室在した人物像を
捉え進めていくつもりです。
そうしないと、ここで書き込んだ内容が都市伝説の延長になります。検証でも何でもないものとなるのは嫌ですからね。
自分自身が納得して行く上で書き進めます。
(※現地に行く事は出来ないのでネットを中心とした調査で第三者的な意見になる場合があります。)

先ずはフリーメイソンの成り云われを確認します。
フリーメイソン・・正式名称はフリー・アンド・アクセプテッド・メーソン。総本部をイングランドに置き、
世界各国に支部を持つため、その国の言語で話す際のイントネーションで色々な言われ方をする。
ここでは英語発音でフリーメイソンと書きます。
真の活動根拠が今は見えないため、また政治的、宗教的背景が不明であるが為に秘密結社のイメージが強い
ですが、実際はオープンな団体である。

※ シンボルマーク



かつてこの組織を作ったのが石工職人のギルドという人物であり、上向きの三角形(コンパス)と下向き三角形(直角定規)
を重ねたダビデの星形を成し、それぞれ対なる象、男と女、陽と陰、天と地、精神と物質などを表現(※1)している。
中央の「G」は、神(GOD)と幾何学(geometry)を意味する。
コンパスは真理、直角定規は道徳、こては結束と友愛、槌は知識や知恵を象徴している。
と説明されています。

(※1)について
ダビデの星はユダヤ教やその民族の象徴。それを対なる象徴として意味表現する事はない。
(ただし、キリスト教はユダヤ教、イスラム教と聖典の一部を共有しているため類縁関係を噂される)
このダビデの星型は、陰陽、タロット、黒魔術等でも使われ、それぞれその表現は異なるので
フリーメイソンが唱えるそれぞれ対なる象と言うのは解釈の違い。なのでその意味が絶対ではない。

・ブロビデンスの目

282px-MasonicEyeOfProvidence.jpg

ブロビデンスというのはキリスト教で使われる摂理。目は神の全能を意味しています。
(後日に記述しますが、キリスト教はかつて5回程大きな分裂を起こしています。)
では、ブロビデンスの目が使われた物について、有名な物をその年代を調べてみます。

アメリカ紋章の裏面にあるブロビデンスの目:

ass_2.jpg


この紋章が作られる際、国政制定委員会なるものが立ち上げられ、その中にベンジャミン・フランクリンなる人物がいます。
彼はフリーメイソンのメンバーですが、しかしこの委員会でデザインされた紋章は最終案の雛形にしかなってません。
その最終雛形にピラミッドの画は有るがブロビデンスの目は有りませんでした。
後の1782年に正式決定した紋章に関わった時のメンバーにフリーメイソンに関わる人物は皆無であり、また
当時キリスト教はアメリカで崇拝され、あらゆる建築物にブロビデンスの目が使われています。

時代背景:
1776年:アメリカ独立宣言
1782年:イギリス軍とアメリカ革命軍との北部戦線アメリカ革命軍勝利終結。(アメリカ紋章決定)
1789年:合衆国憲法が制定(初代大統領がジョージ・ワシントン)
1854年:日本へのペリー提督率いる黒船来航です。
(日本が関係してくるのはそれから70年も過ぎた頃なんですね。)

アメリカの1ドル紙幣にあるブロビデンスの目:
これは上記の紋章をモチーフに作られ、紙幣の表右側が紋章の表面デザイン、同左側が紋章裏面デザインです。

ass_4.jpg

上記の事からアメリカの紋章と紙幣について、フリーメイソンとの因果関係は無いと思われます。

以後、次回へ続きます・・・

ELEANOR:書きながら思いました・・・。この話は最後でまとまるのか???

参考文献:
ブロビデンスの目
フリーメイソン
アメリカ合衆国の国章
パープルハート章
キリスト教
ペンテコステ派
・その他某秘密結社(笑)
関連記事
スポンサーサイト
コメント















 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
 
http://eleanor5000.blog66.fc2.com/tb.php/239-468f137d
リンク
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ニュース
166位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
海外
15位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。