最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
プロフィール

eleanor

Author:eleanor
eleanor

    
    

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フリーメイソン 2日目 

フリーメイソンを語る上で、石工職人のギルドを調べないといけませんが、その前に・・・
全く無知だった私がここで気づきます。ギルドとは中世石工職人組合の事で個人名では有りませんでした・・。
これ以前の記事で個人名のように記載してある項目は原文は残しておきます(すいません・・・)。

しかし本当にギルド(中世石工職人組合)が創立したのでしょうか?
現在のフリーメイソンに対し説明しやすい、理に適うのがギルド(中世石工職人組合)の説かもしれませんが、
フリーメイソン創立に対し他の起源が有るようなので調べて見ました。

①中世石工職人組合(ギルド)起源説(これが一番有力とされている)
中世におけるキリスト教の大聖堂、修道院、宮殿などの建築や修復は、長期間にわたることが多く、
その作業は親方(マスター)の指揮のもとで、建築家や職人のギルドによってなされ、
その職人たちの集会所(ロッジ)は作業に必要な書類の保管場所であると共に職業上の秘密を伝達する場としても使用された。
この中世の石工職人組合が起源で有るというのが定説のようで「フリーメイソン」という言葉は14世紀頃から使われるようになった。

qw16001.jpg








 qw16003.jpg

qw16000.jpg


②聖堂(テンプル)騎士団起源説
聖堂(テンプル)騎士団は、1118年聖地エルサレムへ向かう巡礼者の敬語、保護を目的として結成され、
貴族だけでなくさまざまな階層を取り込み、後に巨大な組織に発展。貿易・金融業等で莫大な富と権力を有するようになった。
しかし14世紀初頭、その資産を狙ったフランス王フィリップ4世の陰謀により壊滅状態に追い込まれ、残党はスコットランドに逃げ、
その残党が再編した組織がフリーメイソンの起源である。

③ソロモン神殿建築家起源説
ソロモン神殿は、紀元前にエルサレムに存在したユダヤ教の礼拝の中心地で古代ユダヤ民族の統合を象徴している。
建築にあたり建築家棟梁ヒラム・アビフが、職人たちを「親方」「職人」「徒弟」と分けそれらを組織化し、
それぞれに秘密の合言葉や符丁などを用いさせるなどの工夫をして完成させた。
この時に組織された職人集団が起源である。

④その他
・古代世界における密儀宗教。
・ローマ帝国滅亡後に石造建築技術を維持したローマ建築職人
・17世紀初頭のヨーロッパに姿を見せた薔薇十字団

等々、諸説色々有ります。
実際にその次代を生きたわけでも生き証人が居るわけでも有りませんので確実にこれだという確証はないです。
それぞれがその時に己が都合のよい介錯でその起源を表すのに都合良いのかも知れません。

さて起源について調べる内に、共通する事案が一つ有るようです。
上記の説明で断片的なキーワードは出ますが名前が出ていないのがキリスト教です。
宗教色強い団体であることは、どの創設起源を見ても解ります。

では定説とされる中世石工職人組合(ギルド)起源説で話を進めてみます。
1717年6月24日、ロンドンの居酒屋「グース・アンド・グリドアイアン」にて石工職人組合(後にグランド・ロッジと変更?)が結成されたことに由来。
この時点ではロンドンに数多くある石工職人組合のひとつに過ぎなかったが、このしグランド・ロッジ結成を転機として
宴会だけを目的とする集まりから思想的な面を打ち出す集団へと大きく変化。
グランド・ロッジは、フリーメイソンの歴史・規約・目的に関する憲章作成に着手し
1723年、ジェームズ・アンダーソンにより「フリーメイソン憲章」が制定された。
(※この時点で制定された憲章にはシンボルマークやブロビデンスの目が表紙絵には無い)



さてさて、ここまでの話で皆さん、書いた内容に付いてきてますか?
がっつりと書きましたが、歴史を紐解くと内容と介錯が末広がりになるので個人名でも出てくると調べようがない状況になりますね。

ここまでのおさらいとして確認しておきます。

定説とされる中世石工職人組合(ギルド)起源説とは、
キリスト教における神殿やらの建築に必要な職人らが集まり技術や交流を行う飲み屋で意気投合した連中が
同じような他の組合連中と同化せず独自に進化した・・・。
と判断しても良さそうな内容です。
しかし、忘れていけないのは果たして石工だけであれだけの大聖堂とかが出来るのか?当然ですが設計図面、外装、内装、強度、等を
指示する人物も居たはずです。
現代でも大きな建物を作る際は、まず施主がいて図面屋がいて施工屋がいる、施工屋には石工や内装屋、家具屋、等々いますよね。

qw16006_1.jpg
この画はフリーメイソン1800年頃の入会儀式だそうですが、
石工とだけ書かれていたこれまでの記述に不足が有りますよね。
これに画だけでも3種の役割りがあるはずです。

これって組織作りが日本のロータリークラブに似ていませんか?
職種は違えど目的は同じ。それぞれの職業が違うため身を明かしても意味不明、その職業ごとに機密事項やらあるのは当たり前。
また、大聖堂の建築には莫大な費用がかかりますが、それどこから捻出されたのでしょう?
資金提供者、もしくは錬金術を用い用意されたのであれば話は面白くなりますがね・・・。

今日はここまでです。
活字ばかりで疲れました。皆さんもコーヒーを飲むとか、煙草を吸うとか、一休みして下さい。
私も少し休みます・・が、すぐに戻ってきますけどね。
関連記事
スポンサーサイト
コメント















 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
 
http://eleanor5000.blog66.fc2.com/tb.php/240-6bfb9751
リンク
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ニュース
245位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
海外
31位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。