最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
プロフィール

eleanor

Author:eleanor
eleanor

    
    

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013年12月13日 金曜日・・・オオオオッッ ニュースアラカルト2件 

両目を取られた男児が義眼を付けて退院

ies_1062012.jpg


今年8月に中国山東省で発生した8歳男児が両目をくりぬかれた事件で、男児は事件後深圳の病院で義眼挿入を含む治療を行っておりましたが、12月12日無事に初期治療を終え退院することが出来ました。この事件では国際的に報道され臓器移植による事件とも囁かれましたが犯行が病院内ではなく野原で行われていることから公安当局は臓器移植での犯罪ではないと否定しておりました。しかし男児はこれから体が成長していく過程で義眼の大きさを変更せねばならず成人に達するまでは苦労しそうです。

ies_1062001.jpg

ies_1062009.jpg

ies_1062010.jpg




北朝鮮最高幹部が処刑



北朝鮮平壌で最高幹部の一人であり、生前の金正日総書記の叔父でもあり。現金正恩の政治的片腕でもあった張成沢が国家転覆を図ったとして、その地位を追われ朝鮮刑法60条により裁判を受け、結果は死刑、即日死刑執行となったようです。
ies_1062007.jpg

ies_1062011.jpg

ies_1062003.jpg
ies_1062005.jpg

ies_1062006.jpg


そもそもこの張成沢なる人物は故・金正日(キムジョンイル)総書記の実妹、金敬姫(キムギョンヒ)の夫であり、金正日亡き後金正恩の後継人でもある人物と海外では認識されていましたが、以前より中国と関わりが深く今回の北朝鮮の処遇に対し懸念を抱いているとされます。海外メディアでも北朝鮮の最高幹部が処刑された事を公に報道している現在の北朝鮮の内部情勢に相当な変化を感じている模様です。なおこの件では2名の副総書記が中国への逃亡を計画、逃亡寸前に逮捕されたと北朝鮮メディアは伝えています。

ELEANOR:山東省で発生した両目くり抜きは明らかに臓器移植であろうと思われますが、犯行に加わった人物の医療の知識不足で、とにかく目を持って行けば金になると信じ込み山中で犯行に及び、くり抜いた目を持って行くが使い物にならず主犯である叔母は自殺というケースと思われます。しかし公安は犯罪当初に臓器移植目的の犯罪では無いと言い切ったのでこの件はこれで終結。結局犯行理由は報道されません。また北朝鮮では賄賂性が強い事件であると思われ個人資産を増やすための活動と思われ、実際張成沢は海外金庫番まで熟した人物です。今回の行動で今後その地位に納まる人物への警告とも思われますが、国民らの関心は今日の食べ物の確保でしかないので朝鮮国内での異変は一切無いでしょう。
関連記事
スポンサーサイト
コメント















 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
 
http://eleanor5000.blog66.fc2.com/tb.php/314-39aeaffe
リンク
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ニュース
198位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
海外
26位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。