最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
プロフィール

eleanor

Author:eleanor
eleanor

    
    

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

過労死:中国人遺族が労災申請 



国の外国人研修・技能実習制度で来日した中国人男性(当時31歳)が昨年6月、茨城県潮来市の会社で実習中に死亡したのは過重労働による過労死だとして、遺族側が7日、鹿嶋労働基準監督署に労災申請したそうです。弁護団によると、研修・実習生の過労死の労災申請は初めてだといいます。

 亡くなったのは、中国江蘇省出身の蒋暁東さん。弁護士によると、05年12月に来日し、潮来市の金属塗装・メッキ会社で実習生として働いていた昨年6月6日、寮で就寝中に突然うめき声を上げ、死亡が確認され、死因は虚血性心疾患などの可能性が高いとされていました。

 遺族側は、蒋さんが本来は残業が認められない研修生だった1年目から月100時間程度の残業をしていたと指摘。実習生となった2年目以降は残業が1.5倍に増え、休日は月2回程度だったと主張しており、遺品の07年11月のタイムカードの写しによると、1カ月の残業が180時間で、休日は4日だったそうです。

 過労死の認定基準は原則として、亡くなる直前に月100時間以上の残業か、2カ月連続で平均80時間以上の残業。直前の記録はないそうですが、100時間を超える残業が恒常的に行われていたと主張しています。遺族側は損害賠償訴訟も起こす予定。

 実習先の会社は「詳細は答えられない。作業は機械化が進み、過酷な労働はありえない」とコメントした

ELEANOR:氷山の一角のような案件です。研修生で来日する人は、その制度の認識も薄く、ただ日本での労働対価に魅力を感じ、それに応じるように日本企業も、その制度とは裏腹に労働力として、研修制度を利用する。しかし、その中間を担う組合等がきちんと、このような問題がリスクとして認識していなかったのが最大の問題と思います。まぁどちらにしろ、目○、鼻○ですね。
関連記事
スポンサーサイト
コメント















 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
 
http://eleanor5000.blog66.fc2.com/tb.php/45-8de21edd
リンク
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ニュース
245位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
海外
31位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。