最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
プロフィール

eleanor

Author:eleanor
eleanor

    
    

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

未解決事件 Part2 切り裂きジャック(Jack the Ripper) 

Jack the Ripper(ジャック・ザ・リッパー)は、1888年8月31日 - 11月9日の2ヶ月間にロンドンのイースト・エンド、ホワイトチャペル地区で少なくとも売春婦5人をバラバラ殺人にした連続猟奇殺人犯。「ジャック」とはこの場合特定の人物の名前を示すわけではなく、日本でいう「名無しの権兵衛」のように英語圏で呼び方の定まっていない男性を指す名前である。///wiki

先ずは、被害者の方の一覧を見ましょう。

・1888年8月31日(金) - メアリ・アン・ニコルズ(42歳)
left

経歴:かつて印刷工と結婚していたが、夫の酒癖の悪さで破綻。救貧院にしばらくいたが、落ちぶれて娼婦になる。一説では彼女の飲酒癖で家庭が崩壊したとも言われている。
遺体発見状況:喉元を深く切り裂かれて、首がもげかけている。両乳房は切り取られて、左腕は首と同様に皮一枚で胴体に繋がっている状態。鼻は削がれ、額の皮は剥かれ、大腿は脛まで裂かれてめくれている。腹部は縦に切り裂かれて、内臓が抜かれて空洞になっており、肝臓は両脚の間に置かれていた。剥がされた皮膚や切り取られた乳房、鼻などはテーブルの上に積み上げられ、片手は腹の中に押し込まれていた

・ 1888年9月8日(土) - アーニー・チャップマン(47歳)子宮と膀胱を犯人により持ち去られる。
left

経歴:色が黒いのでダーク・アニーと呼ばれていた。身長1メートル50センチ足らずと小柄。元夫は近衛兵。
遺体発見状況:喉を切られ、首は胴から離れそうになっていた。下腹はぱっくりと開いており、内臓は切断されて肩のあたりに投げすてられていた。子宮と膀胱は犯人によって持ち去られていた。

・1888年9月30日(日)- エリザベス・ギュスターフスドッター(44歳)犯人が目撃されている唯一の事件。

経歴:本名エリザベス・ギュスターフスドッター、1843年11月27日スウェーデン生まれ。背が高いことから"ロング・リズ"と呼ばれる。
遺体発見状況:喉を2度切り裂かれて殺害されていた。

・1888年9月30日(日) - キャサリン・エドウッズ(43歳)左の腎臓と子宮を犯人に持ち去られる。
経歴:泥酔状態で入れられた拘置所から出てきたところを殺害された。
遺体発見状況:下腹から首元にかけてタテに大きく切り裂かれ、内臓が引きずり出されていた。また鼻と右の耳朶が切り取られていた。左の腎臓と子宮は犯人に持ち去られていた。

・1888年11月9日(金)- メアリー・ジェイン・ケリー(25歳)皮膚や内臓を含めほぼ完全にバラバラ
経歴:ウェールズ生まれ。父はアイルランド系の鉄鋼労働者で、7人兄弟。イーストエンドで売春を始める前に、客とパリに滞在したことがある。
遺体発見状況:被害者の中で、最も残忍な殺され方をした。バラバラに解体されており、顔は目鼻の位置も分からないほど破壊されていた。


犯行は夜、人目に付かない隔離されたような場所で行われ、週末・月末・もしくはそのすぐ後に実行されている点が共通しているようですが、相違点もあるようです。キャサリン・エドウッズはただ一人、シティ・オブ・ロンドンで殺害され、メアリ・アン・ニコルズはただ一人、開けた通りで発見されました。アーニー・チャップマンは他の被害者とは違い、夜明け後に殺害されたと見られています。

この他にも、同一犯と思われる事件が発生していますが、確たる証拠(Jack the Ripper犯と言う確証)が無い為、今回は省きます。

そして、犯行後に声明文を新聞社に送り届けてます。

その内容は以下の通り(日本語訳の為、実際の表現とは離れているかもしれません。イメージとして閲覧下さい)
「警察はもうじき捕まえるなどと抜かしているが、連中にはまだ私の目星すらついていない。筋は掴んでいるなどと偉そうに話していたのには笑ってしまった。皮エプロンが犯人とはお笑いだ。 私は売春婦に恨みがある。捕まるまで切り裂いてやる。この間のは手際が良かった。レディに悲鳴を上げる暇さえ与えなかった。連中は私を捕まえられるかな? 私はこの仕事を楽しんでいる。またやりたくて仕方がない。もうすぐ私のささやかな愉しみを耳にすることだろう。 この間の仕事で手に入れた赤い液体をビール瓶に入れておいたのだが、糊みたいに乾いてしまって使えやしない。だから赤インキでこれを書いている。赤インキでも迫力あるかな? はっはっは。 次の仕事ではレディの耳を切り取って警察に送るつもりだ。この手紙はその時に公開してくれたまえ。私のナイフは切れ味がよい。機会があれば、早速仕事に取り掛かるよ。

 切り裂きジャック。

 私の呼び名のことでもう気を遣わないでくれ。
 追伸。手紙を郵送するのは手についた赤インキを拭ってからにしよう。
 連中によれば、私は医者だそうだ。はっはっは」
以上が1通目・・・。

これは、二人目の被害者アーニー・チャップマンが殺害された後に送られ、3人目の被害者では耳こそ切り取られてはいなが、傷つけられていました。そして予告通りにエリザベス・ストライドとキャサリン・エドウズが殺害された翌日の10月1日の消印で2通目が届きました。この時葉書に血が付着していました。

「先の手紙はガセネタではないのだよ、編集長殿。
明日になればこの小粋なジャック様の仕事ぶりにお目にかかれるだろう。今度は二本立て(double event)だ。最初の獲物にはちょっとばかり騒がれて、思い通りには行かなかった。警察に送る耳を切り取る暇がなかったよ。この仕事が終わるまで手紙を公開しなかったことを感謝する。
 切り裂きジャック」

「二本立て」(つまり同日に二人殺人)については10月1日の朝刊で既に報じられていたので、犯人でなくてもこの葉書を書くことはできる。しかし、まだ公表されていない「切り裂きジャック」を名乗っていることから、先の手紙と同一人物によるものであることは間違いない。

また、その2週間後の10月16日、ホワイトチャペル自警団の団長ジョージ・ラスクのもとに小包が届いた。中には切り取られた腎臓と1通の手紙が入っていた。

「地獄より。
ある女から切り取った腎臓の半分を送る。あなたのために取っておいた。残りの半分はフライにして食べてしまった。なかなかの味だったよ。しばらくしたら、それを切り取った血まみれのナイフも送ってやる。捕まえられるものなら捕まえてみろ、ラスク氏よ」

これは、鑑定の結果45歳ぐらいのアル中の女性の腎臓であることが判明しましたが。しかし、一方で医学生か何かのイタズラである可能性もある。DNA鑑定などない時代のこと。その真相は不明。

これにより、色々な人物像が想像され容疑者も多数挙がっていましたが、どれも解決までには届かず、全て嫌疑不十分で開放されています。

さて、ここで当時の時代背景を見てみましょう。
ゴッホの「ひまわり」が完成した時代ですね。当時、石炭が主燃料とされていた為、夜になるとその噴煙が霧のように街中を覆っていたそうです。

このジャックザリッパーと言う犯人の気持ちはどんなでしょう?
被害者の一部を持ち帰ると言う事では、それぞれの被害者に何かしらの思い入れが有り、それを占有したかったのか?それとも、勝利品としてなのか?願望?。考えたら色々と出てきますが、気になるのが被害者の年齢ですが、40歳代を目安に犯行が行われています。
しかし、犯行後の遺体を隠すような仕草が無い事から、全く面識が無いと考えられます。2通目の手紙には、切り取った内臓の一部を食べたと書いている処から、もしそれが事実とすれば勝利品という考え方が出来ます。しかし、例えば喧嘩相手だとしても、憎き相手を食すでしょうか?当時は性病も流行っており、そんなリスクを解らずに行動するのでしょうか? 一説には外科的処理ができる人間では無いかと考えられていますが、上記の事から、それは否定出来るでしょう。性的趣好で被害者女性を選んだ事も考えられますが。

でも、内臓の一部を取り除き、持ち帰る事を考える事はジャックは願望殺人かとも考えます。
ジャックには恋人がいて、その恋人には奥さんがいる。その奥さんが40歳代で、見た目が最初の被害者であるメアリ・アン・ニコルズに酷似していた。だから彼は嫉妬から犯行を行ったのではないか?と考えるのも有かも知れませんね・・・。でもね、上記にある全ての報道自体に信憑性が有るか?ですがね。

2008年8月11日 現在も犯人が特定されていません。




関連記事
スポンサーサイト
コメント















 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
 
http://eleanor5000.blog66.fc2.com/tb.php/54-86b97364
リンク
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ニュース
158位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
海外
16位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。