最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
プロフィール

eleanor

Author:eleanor
eleanor

    
    

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

未解決事件 Part3 長岡京殺人事件(京都長岡ワラビ採り殺人事件) 

・事件概要
1979年5月23日、長岡京市内にあるスーパーでパートをしていた主婦二人が、仕事終了後、近くの竹林にワラビ採りに行ったまま消息不明となり、2日後の25日、山頂付近で遺体となって発見された。

直接の死因は主婦A(当時43歳)が絞殺、主婦B(当時32歳)が刺殺。二人のリュックには、それぞれ空の弁当箱、採ったワラビ、財布が入ったままであった。検死の結果、死亡時刻はどちらも正午過ぎから二時半までと判明。

どちらも金を奪われた形跡はなかったが、主婦Aの衣服のポケットから「オワレている たすけて下さい この男の人わるい人」と鉛筆で走り書きをした勤務先のスーパーのレシート(日付は事件当日より2日前)が発見される。だが、どちらの荷物にも衣服のポケットにも、この鉛筆がなかった。後日の捜索で、殺害現場から少し離れたところに芯の先端だけが見つかっているが、鉛筆そのものは見つからなかった。

主婦Aは全身30箇所以上も殴打され、肋骨が折れて、肝臓が破裂しており、主婦Bは全身50箇所以上も殴打され、包丁が体に突き刺さったままだった。そして、双方の主婦のアキレス腱が切断されていた。

警視庁の鑑定結果によると、犯人の血液型はO型と判明している。
犯行現場は、殺された主婦たちのように、ピクニックがてら山菜採りに地元の人が訪れているようなところだったが、犯行発生前から木や竹が生い茂り、昼間でも薄暗いところが多く、レイプ事件も発生していた。

遺留品は主婦Bの遺体に突き刺さっていた包丁一本のみで指紋は検出されず、販売ルートも解明されずじまいだった。

この事件には続きが有り、

事件から約5年後の1984年5月16日、同市で主婦Cが首や背中をメッタ刺しにされ、布団にくるまれ、家ごと燃やされるという残忍な事件が発生した。警察がこの事件と長岡京殺人事件の関連性を調べていたことが判明して、次のような噂が出現した。

「主婦Cはかつて最初の事件当日、主婦AやBとワラビ採りに出かけたが、先に一人で下山したので殺害から免れた。マスコミと警察は報道協定を結んで、主婦Cの安全のため彼女の存在を公表しなかった。後日、主婦Cは何らかのトラブルでワラビ採り殺人の真犯人に殺された」ところが第二の殺人事件の警察記者会見では、最初の殺人事件と主婦Cとの関係はまったく言及されず、マスコミ関係の人物から報道協定についての証言は一切得られず都市伝説のレベルである。///wiki

登場人物の確認
・主婦Aさん(当時43歳)衣類のポケットに伝言有り。30箇所以上殴打され肝臓破裂
・主婦Bさん(当時32歳)50箇所以上殴打され包丁がさされたまま
・主婦Cさん 首や背中をメッタ刺しにされ毛布に包まれ家ごと燃やされる(無関係の可能性大)

この最初の事件では、犯人を特定するための物的証拠が乏しく、現場に残された包丁と犯人の毛髪と体液のみ(Bさん毛髪、Aさん体液が付着)。既に時効を迎えたこの事件が都市伝説レベルまで広まったのは、主婦CさんがAさんBさんらとわらび取りに行っていたと言う話からと、先の事件と平行して捜査されていた事から。

さて、この殺害現場となった、わらびを取りに行った山とは、同市奥海印寺の通称「野山」と言われる(美竹台住宅地の裏山河陽が丘内の竹林)所で、二人?は寂照院近くに自転車を置き入山していました。


そして、何らかの事態が発生し殺害された。遺留品であるメモ書き。これには「オワレている たすけて下さい この男の人わるい人」とあります。これを推測してみしょう。

※「オワレている」
この表現は逃げている最中に書く内容と思います。おそらくAさんは犯人から、何らかの形で逃げ身を潜めていた時に書いた思われます。ここで腑に落ちないのは、カナの使い方。Aさんの性格からでしょうか?このような文章の書き方は? 余りに不自然ですね。画数が少ない書き方だと言う人がいる様ですが、それにしても変。気が動転し漢字を忘れた可能性が大です。

※「たすけて下さい」
この紙をどこかに置くかで、見つけてもらいたいのでしょう。と言う事は、やっぱり身を潜めていたとの思うのが自然です。

※「この男の人わるい人」
犯人が単独であると判断された箇所ですが、このメモを書くときに見たのは一人でも、近くに誰か居たのを気づかなかっただけかもしれません。そして、わるい人 とは、ただ追われるだけで書かれたメモではなく、何かを見た為に、わるい人と思ったのでしょう。

統括
上記の事から憶測出来るのは、何らかの形で男に襲われた二人はBさんが先に捕まり、逃げたAさんは近くで身を潜めるも見つかり、逃亡出来ないようにアキレス腱を切られる。強姦目的であろうが、先ずはBさんの着衣を脱がすも、目的が達せず(生理?)、また騒がれるのを恐れるため一刺し。その後Aさんを強姦、興奮した犯人は、少しでも声を出させまいと殴打を繰り返し、意識が無くなったAさんに対し事が終わって絞殺。その場から逃走した。これは、最初に犯人に捕まったBさんは、Aさんを探すべく犯人と共に裏山まで行くが、そこで身を潜めるAさんに、Bさんが何かを言わされたのかもしれません。隠れていたAさんが出て来なければならない何かが有ったと思います。

そして、もう一つ。

犯人は二人の知り合いだった可能性も有ります。「この男の人わるい人」と書かれる中の「の人」と言う部分は、知らない相手に対する普通に使われる言葉では無いと。例えばスーパーに来店するお客の一人で、その男とわらび取りに二人で行ったのかもしれません。

主婦Cさんの事件ですが、さすがに都市伝説の域から脱せません。
理由としては、まずCさんの場合は毛布に包まれていた事。これは放火をする場合には不必要で有り、何らかの面識が有る人物では無いかと、そして家が物色されていた事。もし仮に、同一犯だとするなら、AさんBさんの死体は、どこかに隠す行動をすると思います。もし、強引にこの話をまとめるなら、別件で逮捕された犯人が出所後にCさん宅に行って殺害。しかし、矛盾点も有ります。犯人ならわざわざ5年前の事件真相を知るかもしれないCさんをわざわざ捕まるかもしれないリスクを背負って、殺害しに行くでしょうか?それも、自宅まで行って・・・・。それに刺されたのが背中、これは殺害時に相手の顔を見たくない心境から、主に背後から刺されたと考えます。当然、逃げるCさんを追って後ろから刺した事も考えられます。

全般、推測の域から出ませんが、唯一、残っているメモから感じ取れるのはAさんは逃げる事が出来たが失敗した。と言う事です。

この地域には何か神がかり的なものが有るのかも知れません。近年十一月には、二人が殺害された現場から南西十キロの宇治市内の田園地帯で、夜間マラソン中の主婦が失踪したまま。ちょうど半年たったいまも何の手がかりもなく、この失踪事件と何らかの関連がある可能性もあるかもしれないですね。

2009年8月14日現在、犯人検挙されていません。
関連記事
スポンサーサイト
コメント
アキレス腱は切られてないよ。
アキレス腱切られたのは新宿ディスコ殺人事件。
放火事件も関係はないとおも。
言いたいことは沢山ありますが…まずは
これ、とても怖かったから去年、縮刷を熟読してみた。京都新聞と中日新聞で仔細は忘れたが、アキレス腱のくだりは記事にはなかった。さて、あなたの見立て、とても興味深かったのでコメントしたい。
彼女らは犯人に付きまといされて、下山脱出失敗のあげくか、弁当タイム後かで丘上で惨殺されたはず。遺体も一晩中は確実に曝されたままでの発見であった。
という書き方をしたら、さぞ人里離れた所と見做されようが、建設業や同様な目的での出入りも、この日もあった。
そこで話の核心たるメモだが…なんで『この』なのかだ?
あなたは『何かを見たから』と言うご指摘だが、イマイチ疑問。
志村けんの変なおじさんでは、直接被害側が、このおじさん、へんなんです!とツッコむ。
何かを見たみたいなノリよりかは、近接指示語たる『この』からしても、一撃で相手に犯人に気付かれぬように伝えようと、とっさに、いや、だからこそ、あれこれと頭を使えないからこそ、例えばすれ違いざまにスパイか何かみたいに手渡ししようとかしたものだろうと思う。
『そんな手の込んだことしなくても、人に出会ったら叫べよ』等のツッコミは、ありだ。でも、声出して助かる可能性、なかったのだろうから、近くにいた人にアイコンタクト+パス…援軍来る間に下山自力脱出という、次善の戦術だったのやもしれない。しかし、そんな展開ならば後日の警察捜査で、目撃談も出たはずだが、それはなかった。寧ろ、似顔絵が出る時間もかかっていた位。視認した相手が年寄りや女一人とかなら、現場の援軍も当てにならんし、下山にもまごつこう。
まあ、痛めつけられて相方がやられている間に書いたという筋もありうるが、これだと『この』はますます違和感あり!
この段階では犯罪やり放題なので、この・こいつ系の表現は変では?誰が近くで見かけるか?書く必要性なく、理屈抜きに絶叫だ。
『この』という言葉は、今正に、身近にいるこいつがという物言いでは?
全文が、電報と全く同じノリである。『チチキトク・カエレ』と遜色なしだ。してみれば、冒頭の片仮名は、古い人間のとっさの思考回路が公式的な文面を閃かせたものかもしれない。
1979年で40代ということは、戦前・戦中世代である。レシートという紙の形も電報に似ている。
寧ろ、途中から漢字ひらがな混じりの普通文面に変わった時点で、少し落ち着けたのかも…。あっ、『あそこ』に人がいるわ、みたいな安心感が、オワの所で普通文面に変化させたとか…。
いずれにしても、彼女は声を出せなかった状況にあったのは間違いなさそうでさないか。
とりあえず、ここまで。
駄文にて失礼しました。
上和野勇(カミワノイサム)
上和野勇(カミワノイサム)














 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
 
http://eleanor5000.blog66.fc2.com/tb.php/56-72bc1315
リンク
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ニュース
121位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
海外
12位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。